Home > ミュージアム Archive

ミュージアム Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

水中美術館(MUSA)の新しいお部屋

1105121733

メキシコ、ユカタン半島の沖合にある水中美術館(MUSA)が、現代生活の一場面を描き出した
コンクリートの彫像が並ぶ新しい「部屋」をオープンした。
これはメキシコを拠点に活動するイギリスの彫刻家ジェイソン・デ・ケアレス・テイラー
(Jason deCaires Taylor)氏が、海の環境保全をテーマとし、アートを融合させたものだそうだ。
上から3枚の写真が今回オープンした新しい部屋の写真で、その他は以前からあるもの。
続きからどうぞ。

Continue reading

ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー 東京オペラシティアートギャラリー 

1104241040

ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー 東京オペラシティアートギャラリーにて開催中。

時代の乾いた雰囲気や、被写体との独自の距離感で知られるホンマタカシの写真。物語や感情を
表現することを嫌い、被写体をただ映しとるというドライな視点は、表現か記録かを問われた時代から
進んで、そのどちらに寄ることもない「ニュー・ドキュメンタリー」の名にふさわしいといえます。
展覧会「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」では、巡回する各美術館ごとに展示作品を
少しづつ変えながら、従来のプリントに加え、写真をもとにしたシルクスクリーンや本、さらに
ドローイング、インスタレーションなど、さまざまなメディアや手法を用いた最新作を紹介し、
写真が映し出す現実を通して「見ること」の意味を考え、写真とはいったい何か、に迫ります。
詳細は続きからどうぞ。

Continue reading

今まで思っていた「自動」って・・・な、写真たち

1103310932

僕達の日常は「自動」で溢れています。でも、そんな「自動」たち、ホントの所はどうなんだろう?
ってな画像をみつけたので紹介しちゃいます。これは「Life is Too Short Campaign」ていうタイトル。
いかに今の社会が自動化され早く便利になっているか、考えさせられますね。

他の画像は続きから

Continue reading

開幕戦が行われたF1。ステアリングはどんなだろう?見てみよう

1103291106

F1開幕戦オーストラリアGP決勝が行われ、レッドブルのセバスチャン・ヴェッテルが
ポール・トゥ・ウィンを飾りましたね。

乗り込んでから渡されるステアリング。一体どんななのか気になります。
最新ではありませんが、各車ステアリングを見てみようじゃありませんか!
ちなみに、上の写真は ferrari f2008のステアリング。

他の車は、続きからご覧あれ。

Continue reading

アートによる震災被災者支援プログラム「Art for LIFE」

1103272007

「Art for LIFE」は、アートによる震災被災者支援プログラムがさまざま立ち上がっている中で、
それらの個別のプログラムをつなぎ、相互の交流や協力を促進する、情報共有プラットフォームとして、
設置されたサイトで、イベントは25日から行われています。

誰でも、チャリティイベントを登録することができます。(イベントの登録にはサインアップが必要)
アートによるチャリティイベントを企画されている方はぜひこちらへ登録を。
Twitter, Facebook, Googleアカウントを利用して登録も可能です。
また、サポーターとしてこのサイトに参加することもできます。

以下、リンクからチェックして下さい。
[Art for LIFE]

女性器を型取りして並べたアート「The Great Wall of Vagina」

1103271035

イギリスの芸術家 Jamie McCartney 氏が20カ国の18歳以上の女性、400人から協力を得て
作成したものがこの「The Great Wall of Vagina」です。
全部で10枚、長さ9メートルに及ぶ巨大な作品となっています。

一般に、男性同士ではイチモツを気軽に(?)比較できるのに対し、女性はそのような機会に
恵まれているとは言いがたい。自分の性器に自信がない、自分の性器の形はおかしいのではないか、
などと密かな悩みを抱える女性も少なくないのではなかろうか。

そんな悩める女性たちに「性器のカタチは人それぞれで、基準なんてない」というメッセージを
伝えるべく、アーティストの Jamie McCartney 氏が立ち上げたのが、女性器模型プロジェクト。

以前、膣内を成型したことで知られる同氏は、今回18歳から76歳までの女性ボランティアから型をとり、
それぞれの性器を再現。プロジェクトには、母娘ペアや一卵性双生児、性転換者などを含む
世界20カ国の女性400人が参加。

鑑賞は、下のリンクからどうぞ。
The Great Wall of Vagina


サンシャインシティ宇宙展2011

1103270853

サンシャインシティ宇宙展2011が開催されます。
開催期間は、11/03/28(月)~11/04/02(土)までです。

開催時間10:00~19:00
開催場所噴水広場
料金 一般(無料) ※販売コーナー等は有料になります。
お問い合わせ先株式会社サンシャインシティ 03-3989-3331
※終了時間が変更になりました。※状況により終了時間が変更になることがあります。

さまざまなトラブルを克服し、数々の世界初の偉業を達成した小惑星探査機「はやぶさ」の
帰還は、日本中に感動と勇気を与え、大きな話題となりました。

「はやぶさ」のミッション目的やカプセル回収についてわかり易く解説するパネル展示、
アポロ17号船内宇宙服の実物、宇宙服のレプリカ、宇宙活動関連の模型展が行われます。

本物そっくりの宇宙服を着て記念撮影が出来るコーナーや宇宙食の販売もあるそうです。
宇宙食プリン、食べてみたいなぁ。食べた方から、感想を聞きたいです。

サンシャインシティ




計画停電中のお出かけに美術館はいかが?

1103230938


各地で実施されている計画停電で大型レジャー施設などでは、
当面の間、営業を見合わせるなどしていますよね。

そんな時は、美術館に行かれてみてはいかかでしょうか?

Continue reading

Index of all entries

Home > ミュージアム Archive

Tag Cloud
Search
Feeds
Links
blotomo Application form

この人とブロともになる

【署名のお願い】
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
Sponsored Link

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。